運動は病気予防に大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最低一日2回は散歩を!

犬は運動させるのもとても大事な事となります。
できれば、最低一日に2回は散歩に連れ出してあげると良いですね!
我が家で飼っていたころは、家族で手が空いている人が散歩に連れて行くように
していました。
少なくても30分、通常1時間ぐらいは散歩させていたのですが、
散歩程度では犬にとっては運動とは言えないのです!

運動させてあげよう

散歩場所が少ない

運動は運動場など走り回れるような場所で行うことが好ましいのですが、
近くにそうした場所が少ないと言う方も多いのではないでしょうか?
私もそうでした。
家の近くが道路になっていることもあって、放そうにも
怖さがあったのです。
ましてや、今は放し飼いが厳禁とされているケースが非常に多く、
その際に生じた問題などは当然飼い主の責任となります。
運動させたいけど場所がない、放し飼いも駄目となると、
犬のストレスも溜まってきますし、最悪の場合、
吠えたりすることも出てきます。
そうなった場合には近隣から苦情が来ることも
ありますから注意が必要になります。

早朝にバイクや自転車で散歩が効果的!

運動させる場所がない時などは、人通りの少ない
早朝にバイクや自転車で一緒に走るようにすると
効果的です!
また、普通に一緒に走ってあげるのもいいですね!
ある程度元気は必要ですが、犬はとても喜んでくれます。
犬は猫に比べて忠誠心が強く、人間に近いため飼いやすい生き物ですが、
同時にストレスも感じやすいので、出来る限りはかまってあげてください。
犬を飼う人の目的は様々でしょう。

「寂しいから」、「家族として」、「番犬に」など
飼う人によって違いは大きいです。
しかし、共通するのは必要だからという事のはずです。
必要で家族として迎えたわけですから、しっかりと
面倒を見てあげるようにしたいですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。