病気にしないためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体が強い犬もいれば、弱い犬もいます。
体の強さによって病気になるかどうかが変わってくることも確かですが、
病気にしないための方法としては、生活習慣が最も大切と言われているのです!

それは言い換えれば飼い主の飼い方ということになるでしょう。
では、病気にしない飼い方、つまり正しい飼い方とはどのようなものなのか。
今回はそれをテーマにお送りします。

病気にならないために

大切なのは犬の立場になって考える事

病気にしないためには、犬の生活習慣をしっかり管理することが
最も大切です。

放っておくと変な物を食べていたりしますから、それが原因となって
病気になる場合も少なくありません。

しつけでもある程度抑制することは可能ですが、犬にも本能がありますから、
しつけではどうにもならない部分も当然出てきます。

そんな時に様子をしっかり見ておくのが飼い主の役割であり、
義務というものでしょう。

生活習慣とは、何も食事の事だけに限った話ではありません。
日常の過ごし方なども生活習慣には入ってきます。

健康でいられるかどうかは人間同様にどれだけ自己管理がしっかりできるかが
カギとなります。

しかし、犬は本能で生きている動物ですから、管理は飼い主の仕事です。
犬の立場や目線から考えることで、必要な運動量や適切な食事などにも
目が向くようになるはずです!

それこそが犬が病気をせずに長く健康でいるためのコツであるのは
間違いないでしょう!

まとめ

大事なのは犬の立場になって考える事であるといいましたが、
要するに関心を持って、管理することが大事だという事です。

管理と言っても縛り付けるのではなく、食事についてのことや
運動について考えてあげると言う意味です。
日頃から関心を持つことが重要という事ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。