狂犬病の危険性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狂犬病という言葉は、最近ではあまり聞かなくなり注目されなくなってきました。

しかし、その危険度は今でも変わらず、日本での症例こそ1957年以降見られなくなっていますが、2000年に入ってからもフィリピンでの感染が確認されており、危険度の高さを考えると無視できない病気と言えるでしょう。

狂犬病は、その名の通り犬を含めた複数の動物から人間に感染します。
感染した人は最悪死に至る恐ろしい病気ですから警戒しておく必要があるでしょう。
狂犬病は怖い

発症地域に関して

確認されている地域としては、日本・オセアニア・英国を除く国々という事で
非常に広範囲になりますので、海外旅行などに行く場合にはくれぐれも感染に
気を付けてください!

狂犬病は感染した動物に噛まれることで発症しますから、
上記の国以外の場所では注意が必要と言えます。

特に野良犬などが所有していることが多いことが確認されていますので、
接触には注意を払うようにお願いします!

予防の大事さなど

国内では比較的安全でも国際化が進んだ現代ではいつどのようなことが起こるか
わかりません。

最近、話題となっているエボラ熱もそうですが、
外部から持ち込まれる可能性もあるのですから、
予防をしておくことも重要な事です。

日本でも狂犬病の予防注射は行っていますから
渡航予定の方は必ず行うようにしてくださいね!

まとめ

今回は狂犬病について取り上げました。
比較的安全になってきたとはいえ、エボラ熱などを考えると
絶対に安全とは言えないでしょう。

ウイルスにも様々なタイプがありますが、
死に至る危険があるものは早急な対処が必要です!

エボラ熱の騒動が冷めやらない今だからこそ、
改めて注目されるべき病気の一つと言えるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。