犬の散歩の大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の散歩時間はどのくらい必要か?

犬は散歩が大好きです!
散歩が好きと言うよりは運動が好きなのでしょう。

とはいえ、私たちにも仕事や学校など自分たちの生活も
ありますし、犬たちだけに構ってられないという
実情もありますよね?

そこで、一般的な犬の散歩時間を調べてみましたので
ご覧ください!

犬の散歩

犬の散歩時間について(犬種別に)

犬の散歩時間は長い方が喜ばれますが、
一般的には次のようになります。

大型犬が30分~1時間程度、小型犬は20分~30分、
中型犬はちょうどその中間といったところでしょうか。

ただ、これは成犬の場合の話で、老犬などは
ほどほどでいいです。

逆にやり過ぎると嫌がる可能性が高いですから、
無理のない程度で調整してあげるようにしてください。

成犬の場合には、病気や真夏など気候的な条件が無い限りは
長いほど喜びます。

しかし、毎回長くすることも不可能でしょうから、
ある程度時間を定めておくといいでしょう。
もしくは散歩コースを決めておくといいですね!

基本として体が大きければ大きいほど運動が必要になりますから、
当然散歩時間も多めに取らなくてはならなくなります。

これから飼い始めることを検討中の方は、このような事も
知っておくと良いかもしれませんね。

まとめ

まとめとしては、散歩時間は大型程多く必要になることと
全体的には30分程度は最低でもしてあげた方が喜ばれると
いうことでした。

先程少し触れましたが、気候条件によっても
時間を短くしたりすることは必要になってきますので、
覚えておいてください。

すごく暑い中長々と散歩したくはないですよね?
極端に寒い日なども同様です。

その辺りの配慮をしてあげると
犬も喜んでくれますよ!

ただ、散歩に連れて行くのではなく、
犬の気持ちを汲んであげるのも大切な事です。
何と言っても家族ですからね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。