上手な薬の飲ませ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬を嫌う犬は多い

我が家では犬を2匹飼っていたことがあります。
一匹目は非常に体が強かったので、病気もほとんどなく
手もほとんどかかりませんでした。
顔も優しかったので、放し飼いにすることも多く
その際にノミをくっつけてきて、血を吸われて貧血状態になったことは
ありましたが。

基本として病気らしい病気にはかかりませんでしたね。
二匹目の犬は、逆に体がそれほど強くなかったこともあって、
よくお腹を壊していました。
最後は、何かの病気にかかったのでしょう。
身動きもとれなくなって亡くなりました。
とにかく薬を飲むことを拒む犬で、
どんなことをしても飲ませることができなかったので、
飲ませておけばもしかしたらもっと長く生きることも
出来たのかもしれません。

犬を飼っている方はご存じの事と思いますが、
犬も薬を飲みます。
注射もしますし、そうして見ると人間とほぼ変わらない
生活をしているという事がわかりますね。

犬の病気にも様々な種類がありますが、
大事なのはちゃんと薬を飲ませることだと思います。
うちの場合は特別だったのかもしれませんが、
どの犬も薬が好きという事はまずありません。
薬は苦い物も多いですから当然ですし、
普通に飲ませるのは難しいでしょう。

食事に混ぜて食べさせるのが基本

薬
一般的な方法としては、動物病院でも言われると
思いますが、食事に混ぜるのが効果的です。
薬によっては気づかれてしまい、
吐き出したりしますが、味が強い食べ物と混ぜると
気づかずに飲んでくれることもあるので試してみてください。

病気を治すために

最悪の時は、口を開けて飲み込ませるしかありませんが、
見ている方も辛くなりますし、極力は避けたい方法ですよね?
ですが、犬が嫌がっていても犬の為に心を鬼にして
飲ませることも大事な事です。
それで治る病気も多いですから、
後悔しないようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。