犬の保険の比較結果はコレ!

数多くあるペット保険。どう選んでよいのか迷ってしまいますよね?
選び方には色々あると思いますが、後悔しないためには下記の選び方をおススメします!

1.加入時の保険料が安いのはもちろん、【値上がり】が少ないところを選ぶ
2.過度な補償、不足な補償のどちらもだめ。本当に必要な丁度良い補償範囲で
3.補償金請求がなるべく簡単なところを選ぶ

ペット保険選びで一番重要なのは保険料

ペット保険は基本掛け捨てしか存在していません。なのでできる限り保険料を安く抑えるのは重要です。ただ注意したいのが、加入時の保険料ばかりに目が言ってはダメなこと。

犬の保険は人と同じく加齢とともに保険料は値上がりしていきます。各社がホームページなどで宣伝している金額は0歳で一番安い保険料を提示していることが多く、高齢になってからの保険料は見えにくいです。

特にアクサダイレクト、アニコム、アイペットなど有名なペット保険会社は保険料の値上がりが凄いと有名で、後々保険料の支払いに家計が圧迫される・・・という飼い主さんも少なくありません。保険料の高さに支払えなくなっては意味もありません。

その補償内容、本当に必要ですか?

保険料を多く支払えばその分補償内容は充実します。不安ですしとにかく充実していればいいやと考えがちですが、それではいけません。
保険料が掛け捨てなので、せっかく充実している補償内容をフル活用できず支払ったお金が無駄金になってしまうからです。

ペット保険選びで大切なのは保険料と補償のバランスです。もちろん補償内容が不足しすぎもいけませんから、犬種でかかり易い病気を考慮しつつ丁度良い補償内容を選びましょう。

補償金請求はカスタマー対応の良さ!

これは加入して実際に利用するときにならないと実感できないことですが、保険金請求の簡単さはとても重要です。国の保険のように窓口清算できるところはほとんどなく、後日請求が基本になります。なので請求手続きをする必要があるのです。

請求手続きに慣れている人は少ないと思います。なのでできる限り手間がかからないペット保険会社のほうが直ぐに補償金を受け取ることができます。
このとき重要になってくるのがカスタマーサービスの対応の良さです。親切、丁寧、早いと評判のペット保険会社を選ぶと後々楽になります。